マイルジャーニー

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU


スポンサーリンク

f:id:tabinonaka:20170922201232j:plain

旅にも修行にも!海外発券のメリットとデメリットを知って、上手に使いこなそう!

シェアする

f:id:tabinonaka:20170315200946j:plain

海外発券の航空券は日本発券の航空券より値段が安く、予約クラスが上位だというイメージがあります。

でも、もちろんいいことばかりではありません。

海外発券のメリットとデメリットをしっかり理解して、上手に使いこなすことができたら、旅の幅が広がるのではないでしょうか?

国際線航空券を少しでも安く購入するには?

旅好きやANA・JALなどの修行僧が考えるのは、

 

どうすれば少しでも安く航空券を手に入れることができるか?

 

ではないでしょうか?

修行僧にはPP単価やFOP単価の方が重要かもしれませんが…

私も旅の計画をたてる時は、少しでも安く航空券を購入できないかと頭を悩ませます。

航空券代を押さえられると、旅費がぐっと安くなりますからね。

ANAなら旅程の最終区間出発日の355日前の9時から、JALは最終区間出発日の330日前の10時から、国際線航空券の販売が開始されます。
※JALは下記ページから販売開始日を検索できます。

JAL国際線 - 国際線予約開始日のご案内

 

セールなどを除けば、販売開始直後に予約するのが一番安く航空券を購入できる方法だと思います。

が、格安航空券って貯まるマイルは少ないうえに、予約の変更等は一切できません。

もちろん、マイルやアップグレードポイントによる座席のアップグレードもできません。

一年先の予定をガッツリ決めてしまわないといけないので、厳しいですよね。

しかも、繁盛期(年末年始やGW、お盆休みなど)は販売開始直後でも結構高額です。

閑散期や平日にたっぷり休みが取れるのならいいのですが、我が家は一般的なサラリーマンの為、まとめて休みがとれるのは繁盛期のみ。

でも、少しでも安く旅に出たい!

そんなときの強い見方が海外発券です。

 

海外発券とは?

海外発券とは、出発地が日本ではなく、海外出発の航空券を発券する事です。

例えば、ソウル⇒東京⇒ソウルソウル⇒フランクフルト⇒ソウルといった感じ。

ANAやJALでソウル⇒フランクフルト⇒ソウルを発券した場合、いったん東京を経由してフランクフルトへ、ルフトハンザなどで発券した場合は、ソウルから直行便となります。

日本を経由して第三国に行くこともできるし、日本からは別手配した航空券で出発国(ソウルなど)へでかけ、そこから目的地を目指すなど、使い方はいろいろ。

ANAやJALが就航している都市であれば、ホームページからでも簡単に海外発券できます。

詳しくは下記をご一読下さい↓↓↓

 

メリット

繁盛期でも価格が安い

日本特有の繁盛期(ゴールデンウィークやお盆休み)に影響を受けにくいため、価格が抑えられます。

逆に、閑散期は日本発券の方が安い場合があります。

予約クラスが高い

日本発券で購入した格安航空券は予約の変更や座席のアップグレードができないものがほとんどです。

対して、海外発券の航空券は予約クラスが高い場合が多いので、日程の変更やキャンセルが出来ます。(別途手数料が必要な場合もあります)

予約クラスが高いとマイルもたくさん貰えるので嬉しいですね。

また、日本発券では高額すぎてなかなか手が出ないビジネスクラスやマイル等でアップグレード可能なエコノミークラスの料金が安いのも嬉しいです。

1度で3度美味しい

ストップオーバーを活用すれば、1枚の航空券で3回旅に出られます。 

f:id:tabinonaka:20170712111412j:plain

ソウル⇒フランクフルト⇒ソウルの航空券の場合、東京でストップオーバー(乗り継ぎ地点で24時間以上滞在する事)すれば、ソウル⇒東京/東京⇒フランクフルト⇒東京/東京⇒ソウルと航空券を3回に分けて使用することが可能です。
※チケットによってはストップオーバーできないものや、追加料金がかかる場合があります。

もちろん出発地であるソウルに行き、帰ってこないといけないので、別途航空券が必要になりますが、LCCを利用したり特典航空券を利用するなど、コストを抑えることは可能です。

私も上記のルートで来年のGWのチケットを韓国発券しました↓↓↓

 

デメリット

出発地(海外)までの移動方法

出発地(ソウル発券ならソウル)までの航空券が別途必要になってきます。

LCCや特典航空券などをうまく利用すれば、大きなデメリットではないかもしれませんが、やはりめんどくさい…って思ってしまいますよね。
※JALは海外特典航空券の片道発券が可能ですが、ANAは往復でないと発券できません。早く片道発券できるようになると嬉しいです。

また、日本でストップオーバー可能な6ヶ月有効のソウル発券のチケットを購入した場合、LCCでソウルまで行ったとしても、6か月後には再度ソウルに行かなければなりません。

その場合の帰りのチケットとして、新たにソウル発券をするのも一つの方法だと思いますが、そうすると延々とソウル発券のループが続いていきます。

旅好きで年に何度も海外に出かける方であれば、何も問題はないと思います。むしろ、安く何度も旅に出られるのでメリットですね。

飛行機の乗り継ぎ回数が多くなる

例えば、年末年始にロンドンにビジネスクラスで行きたいけど、特典航空券が取れない場合、スカイスキャナーで航空券の価格をチェックしてみるとこんな感じ。

f:id:tabinonaka:20170713145748j:plain

年末年始とはいえ、さすがに手が出ないですよね。しかも、これにホテル代がプラスされることを考えると、恐ろしい。

それが、ソウル発着になると...

f:id:tabinonaka:20170713145950j:plain

20万円も安くなります。

※東京発・ソウル発ともに直行便で比較しています。乗り継ぎ便になると、もう少し価格の安いものがあるかもしれません。

もちろん、ソウルまでの航空券代はかかりますが、それでも十分安いですよね。

ただし、フライトの時間によってはソウルでの前後泊が必要になってきます。休みが長いのであれば、ソウルでも遊べる!とメリットになりますが、短期の休みでは乗り継ぎ時間がもったいないですね。

為替の影響を受けやすい

現地通貨での購入になるので、為替の影響を受けます。

円高の時は大きなメリットになりますが、円安になるとデメリットに早変わりですね(^^;

 

海外発券の方法

海外発券する方法は、大きく分けると次の4つ。

  1. 航空会社のホームページから予約
  2. 航空会社に電話をかけて予約
  3. 現地の旅行代理店で予約
  4. 日本の旅行サイト(HISやエクスペディアなど)で予約

順番に予約方法を見ていきましょう。

ホームページから予約

ANAとJALのホームページからは以下の手順で予約できます。

ANA

f:id:tabinonaka:20170712114502j:plain

国際線航空券予約の画面で、出発地に海外、到着地に日本を入れるだけ。

とっても簡単です。

 

f:id:tabinonaka:20170712114520j:plain

日本でストップオーバーしたい場合は、複数都市をクリックすると、画面が切り替わるので、

 

f:id:tabinonaka:20170712114535j:plain

希望の日付と行き先を入力するだけ。

運賃も日本円で表示されるので、とってもわかりやすいです。

JAL

対して、JALは少し面倒です。

JALホームページからの海外発券方法については、以前こちらの記事にまとめているので、ご一読ください↓↓↓

JALもANAのように簡単に検索できるといいのになぁ。

電話で予約

ANAやJALに電話で問い合わせると、海外発の航空券運賃を調べてくれます。ただ、電話の場合、発券手数料が5,400円(税込)かかります。

余分に料金がかかりますが、ホームページからうまく検索できなかった場合など、丁寧に調べてくれるので、利用価値はあると思います。

現地の旅行代理店で予約

海外の旅行代理店で日本人向けに海外発券の航空券を手配してくれるところがあります。

有名なのはソウルの世一旅行社ですね。

手数料がかかるので、料金は少し高くなる場合がありますが、旅行代理店にしか出していないような格安ビジネス航空券があるので、まめにチェックしておくと掘り出し物に出会えるかもしれません。

日本の旅行サイトで予約

HISやエクスペディアなど、日本語のサイトからでも予約できます。

お得な料金で販売されていることもあるので、スカイスキャナーで料金を比較検討してから予約するといいですね。

 

まとめ

難しそうに思える海外発券ですが、実際には日本発券と手順はそれほど変わりません。

一番の問題は出発地までの移動方法だと思います。が、ここをクリアすれば、日本発券の航空券と同じように使用することができます。

延々と海外発券のループ旅にはまってもいいし、LCCや特典航空券を駆使して、別の国から第三国へ向かう旅も楽しいと思います。

ほんの少し手間をかけるだけで、航空券代が安くなるのであれば、やってみたいと思いませんか? 

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.