マイルジャーニー

陸マイラー生活や旅行について綴っていきます。

MENU

乗ってみたい!豪華なファーストクラス5選とお得に乗る方法

f:id:tabinonaka:20170627164438j:image

 一度は乗ってみたい憧れのファーストクラス。

どうせ乗るなら最高に豪華なファーストクラスに乗りたいと思いませんか?

自分の給料じゃ到底手が届かないけど、宝くじに当選したら乗ってみたいなぁと思うファーストクラスをまとめてみました。

また、少しでもお得に乗れないか検討しました。

シンガポール航空:スイート

f:id:tabinonaka:20170628143341j:plain

f:id:tabinonaka:20170628143357j:plain

f:id:tabinonaka:20170628143413j:plain

 ※写真はシンガポール航空ホームページより引用

 A380機のみに設定されているファーストクラスを超えたスイート。

天井が開いているとはいえ、扉を閉めると完全なプライベート空間、まるで個室のようです。

座席を倒してベッドにするのではなく、完全に独立したベッドでゆったりと眠ることができます。

とはいえ、座席の他にベッドがあるわけではなく、座席後ろにベッドが収納されていて、CAさんがベッドを整えるターンダウン・サービスを行ってくれるようです。

同伴者がいて、隣接するスイートを利用する場合、2室を一緒にし、ダブルサイズの客室として利用することも可能な贅沢なキャビンクラスです。

空席がある場合は、2室利用したダブルベッドを独り占めできることもあるようです。

 

エミレーツ航空:ファーストクラス

f:id:tabinonaka:20170628144529j:plain

f:id:tabinonaka:20170628144546j:plain

f:id:tabinonaka:20170627163049j:plain

※写真はエミレーツ航空ホームページより引用

ところどころにゴールドをあしらった華やかな客席はさすがドバイの航空会社って感じです。

こちらも扉を閉めると完全なプライベート空間になります。

また、A380機にいち早くシャワールームを取り入れたのはエミレーツ航空ではないでしょうか?
空の上でシャワーを浴びるなんて、なんて贅沢…
しかも床暖房になっているらしいです。
写真を見る限り、とてもここが飛行機の中だとは想像できません。
ため息しか出てこない。
シャワーを利用できるのは5分間(お湯を連続して利用できる時間)なので、全身洗おうと思ったら少し時間が足りないかも…?

 

キャセイパシフィック航空:ファーストクラス

f:id:tabinonaka:20170628142833j:plain

f:id:tabinonaka:20170628142908j:plain

f:id:tabinonaka:20170628142921j:plain

※写真はキャセイパシフィック航空ホームページより引用

キャセイのファーストクラスにはお花を飾ってくれるサービスがあるようです。
ちょっとした気遣いが嬉しいですよね♪

完全個室にはならないけれど、プライベート感が保たれた座席になっています。

座席にはマッサージ機能も付いているそう。疲れ知らずな快適な空の旅になりますね。

また、座席は数ある航空会社の中でも最大級のフルフラットベッドに早変わりするので、ゆったり眠れそうですね。

 

エディハド航空:アパートメント

今私が一番乗ってみたいのが、エディハド航空のファーストクラス、アパートメントです。

f:id:tabinonaka:20170629095739j:plain

f:id:tabinonaka:20170627162433j:plain

※写真はエディハド航空ホームページより引用

座席とは別に2mのベンチシートのようなものがあり、これがベッドに早変わり。

アパートメントは相互に接続できるため、同伴者がいる場合は一部間仕切りを開放できるようになっています。

シンガポール航空のスイートのように完全にダブルベッドになるわけではなく、頭の部分のみ間仕切りを開放できるようです。

また、カップルや友人同士で食事を楽しみたい時は、ベンチシートを利用して向かい合って食事することも可能です。

ファーストクラスのバスルームにはシャワールームも完備されているので、フレッシュアップしてからゆっくりベッドで就寝できますね。

エミレーツのシャワールームに比べると、かなり狭いようですが…

こちらもA380のみのクラスで、その他の機材のファーストクラスはファースト・スイートと言って、下記のようなシートになります。

f:id:tabinonaka:20170629100357j:plain

こちらのシートも十分豪華ですが、どうせ乗るならA380機に乗りたいですね。(まあ、金額も違うんでしょうが(^_^;)

 

エディハド航空:ザ・レジデンス

f:id:tabinonaka:20170627161748j:plain

f:id:tabinonaka:20170627161802j:plain

f:id:tabinonaka:20170627161817j:plain

※写真はエディハド航空ホームページより引用

アパートメントのさらに上を行く、超プレミアシート「ザ・レジデンス

リビングルームとダブルベッドルーム、シャワールームがあるという超豪華クラス。2名用にデザインされたスイートです。
3部屋ある機体は世界初だそう。
そしてなんと、専属のバトラーまでついてくるそうです。

リビングルームには、豪華な革張りの2人がけソファーと2つのダイニングテーブルが備えられているので、2人でくつろいで食事することが可能です。

飛行機に乗っていることを忘れてしまいそうですね。

このクラスがあるのはA380、就航都市はアブダビからシドニー、メルボルン、ロンドン、パリ、ニューヨーク、ムンバイ線で1室用意されています。

適当な日付でアブダビ⇔ロンドン間の運賃を検索したところ、往復約300万円でした(驚愕)

f:id:tabinonaka:20170627172009j:plain

機内マップを見ると、アパートメントの3席分に当たる広さなので、納得といえば納得の価格ですが…

一体どんな人が乗るんでしょうね?やっぱりアラブの石油王かな?

 

ファーストクラスにお得に乗る方法

びっくりするくらい高額なファーストクラスの航空券。格安航空券はないので簡単には手が出ません。なんとか少しでも安く乗る方法はないかと考えてみました。

世界一周航空券

スターアライアンスやワンワールド、スカイチームといった航空会社のアライアンスが設定している航空券です。

有効期限は1年間で、飛行マイル数や訪れる大陸数によって値段は変わりますが、100万円から設定があります。

例えば、ワンワールドの3大陸ファーストクラス世界一周航空券を利用して、全行程ファーストクラスに乗ろうと思うと、次のようなルートが可能です。

 

東京⇒香港⇒ドバイ⇒ロンドン⇒ニューヨーク⇒東京 

 

東京⇒香港⇒ドバイ間はキャセイパシフィック航空、ドバイ⇒ロンドン⇒ニューヨーク間はブリティッシュエアウェイズ、ニューヨーク⇒東京間はJAL利用で、すべての区間ファーストクラスを利用することが可能です。

料金は税金を含めて110万円くらい。6区間すべてファーストクラス利用なので、1区間で考えると約18万円になります。

最大16区間まで搭乗することが可能なので、ファーストクラスが設定されているルートをじっくり検討すれば、もっと優雅な空の旅を堪能することも可能です。
※ファーストクラスの設定が無い区間はビジネスクラス利用となります。

もちろんそれでも十分高額なのですが…(^_^;
記念日などに思い切って乗ってみたいなぁ(遠い目)

ただ、エミレーツ航空やエディハド航空はどのアライアンスにも所属していないので、世界一周航空券では利用できないのが残念です。

www.tabinonaka.com

特典航空券

一番リーズナブルにファーストクラスに乗るには、やっぱりマイルを使った特典航空券利用に限ります。なんたって、税・燃油サーチャージ等のみで乗ることができるんですから嬉しい限りです。

シンガポール航空

シンガポール航空のファーストクラスは、ANAなどスターアライアンス加盟の航空会社には特典航空券の座席を開放していません。

でも、シンガポール航空のマイレージプログラム、クリスフライヤー会員には開放しているそうなので、空席があればスイートに乗ることも可能です。

クリスフライヤーのマイルで発券できる特典航空券は次の2種類。

  • Saver(セーバー)
    お得なマイル数設定になっているが、人気が高いうえに利用数が限定されている。
  • Standard(スタンダード)
    Saverより多くのマイル数が必要になるが、各往復航空券につき2回の無料ストップオーバーが可能。

スイートに乗るために必要なマイル数は、シンガポール⇔フランクフルト間のSaverで23万マイル(片道11.5万マイル)です。

日本⇔シンガポール間にはスイートの設定があるA380が定期就航していないのが残念ですね。

関西⇔シンガポール間は2017年8月11日から8月16日までは期間限定で毎日1便運航されています。

必要マイル数は、Saverで13万マイル(片道6.5万マイル)なので、期間限定に的を絞れば貯められないマイル数ではないですね。
お盆の時期なので、解放されているかどうか微妙なところですが…
ちなみに料金を検索してみると、税・サーチャージ込で75万円くらいでした。まだ空席はあるようです。

シンガポール航空の特典航空券必要マイル数を知りたい方は、下記のページからPDFを確認する事が出来ます

https://www.singaporeair.com/ja_JP/jp/ppsclub-krisflyer/use-miles/redeem-miles/

エディハド航空

エディハド航空はアライアンスに加盟していませんが、独自に個別提携を行っているため、アパートメントはANAのマイルで予約が可能です。

注意点は、ANAのWebサイトでは予約できない事です。電話での予約になるそうです。

ANAウェブサイトでお申し込みになれない旅程・航空会社の場合、一部旅程を除き、発券手数料無料にて、ANAマイレージクラブ・サービスセンターでのご予約を承ります。
お申し込みになれない旅程・航空会社は以下の通りです。

エア ドロミティ[EN]、マカオ航空[NX]、エティハド航空[EY]、ユーロウィングス[EW]、ジャーマンウィングス[4U]、ハワイアン航空[HA]、ジェットエアウェイズ[9W]、フィリピン航空[PR]、ヴァージンアトランティック航空[VS]、ベトナム航空[VN]

気になるマイル数はアブダビ⇔ロンドン間(往復)で12万マイル。これなら手が届きそう。もちろんアブダビまで行かないといけませんが。

 

ザ・レジデンスにマイルで乗るには、エディハド航空のマイレージプログラム「Ethihad Guest」に入会する必要があります。

アブダビ⇒ロンドンの1区間(片道)での必要マイル数は2,333,434マイル+AED115(3,500円)と驚きのマイル数!

エディハド航空のマイルを貯めるには、アメックスのポイントをエディハドマイルに交換するのが一番手っ取り早いと思うのですが、100円の利用で貯まるのは0.8マイルです。

ということは、300万円近くの利用で、やっとザ・レジデンスに乗れるマイルが貯まることになります。

でも、片道ですよ!

任意の日付で検索したザ・レジデンスのアブダビ⇔ロンドン間の往復運賃が約300万だったとこを考えると、マイルを貯めて乗るより、実費で乗った方が安いですね。

だけど、もし宝くじに当たったとしても、予約する勇気はないなぁ。

貧乏性なので、同じ金額を支払うのであればアパートメントに4回乗りたいって思ってしまいます(^_^;

 

まとめ

さすが世界最大の旅客機、エアバスのA380は空間をたっぷり使った豪華なファーストクラスになっていますね。

いつかは乗ってみたい憧れのファーストクラスです。

中東御三家(エミレーツ・エディハド・カタール)のもう一つであるカタール航空のファーストクラスも開放的で魅力的だったのですが、サウジアラビア等ともめていて、上空を飛行できないなど不安があるので、今回は省きました。

ちなみにファーストクラスはこんな感じ↓

f:id:tabinonaka:20170706231018j:plain

もうひとつ大型旅客機で魅力的だと思うのは、機内ラウンジです。

f:id:tabinonaka:20170706231811j:plain

バーカウンターやテーブルが用意されていて、オープンスペースで他の乗客との交流や、カクテルや軽食を楽しむことも可能です。

自分の席で目的地まで過ごす窮屈な旅とはおさらばですね。機内ラウンジはビジネスクラスでも利用可能です。
※機内ラウンジはエミレーツ航空の様子

 

もし、宝くじに当選すれば、優雅にファーストクラスの世界一周航空券でいろんな航空会社のファーストクラスを乗り比べてみたいなぁ。

まあ、そんな夢みたいなことは不可能に近いですが、一般庶民でもマイルを貯めてファーストクラスに乗ることは可能です。

ポイントサイトを活用して陸マイラー活動に真剣に取り組めば、1年間でファーストクラスに乗れるだけのマイルを貯めることもできます。

一度に大量のマイルがなくなってしまうのはもったいないから、ビジネスクラスに2回乗ろう!いや、エコノミーで3回旅に出たい!など使い方はいろいろありますが、「いつかはファーストクラス」を目標に、陸マイラー活動に取り組んでいこうと思います。

皆さんもファーストクラスを目指して、陸マイラー始めてみませんか?

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.