マイルジャーニー

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU


スポンサーリンク

f:id:tabinonaka:20170922201232j:plain

エチオピア旅⑧ボレ国際空港エチオピア航空ラウンジとアディス⇒香港ビジネスクラス搭乗記

シェアする

f:id:tabinonaka:20180124201440j:plain

楽しかった旅もついに終わりを迎える時がやってきました。日本へ向けてのロングフライトです。
とはいえ、帰りもビジネスクラスなのでゆったり眠って帰れるはず。

出発まではエチオピア航空のラウンジで過ごしました。
ボレ国際空港にはエチオピア航空のラウンジが3か所ありますが、今回利用したのはビジネスクラス搭乗で利用できる「CLOUD NINE」。

エチオピア旅⑦ラリベラのホテルとボレ国際空港から市内への移動方法とアディスアベバの美味しいコーヒーからの続きです。

エチオピア航空ビジネスクラスラウンジ「CLOUD NINE」

場所

ボレ国際空港にはスタアラゴールドで利用できる「STAR GOLD LOUNGE」、エチオピア航空ビジネスクラス搭乗で利用できる「CLOUD NINE」、エチオピア航空の上級会員専用の「PLATINUM LOUNGE」の3つのラウンジがあります。

今回はビジネスクラスなので「CLOUD NINE」を利用しました。

出発階である3階までエスカレーターで上がると右手が搭乗ゲート、左手にラウンジや免税店が並んでいます。
エスカレーターで上がったすぐ左手に「PLAINUM LOUNGE」があります。一本左側の通路に移動すると、搭乗ゲートを背にして一番左端に「STAR GOLD LOUNGE」、一番右端の免税店の隣に「CLOUD NINE」があります。

ラウンジ内の様子

f:id:tabinonaka:20180124201405j:plain

自動ドアを入ると目の前にコーヒーセレモニー用のスペース。
私たちが入室した19時過ぎは誰もいませんでしたが、利用客が増えてきた21時過ぎにはコーヒーセレモニーが行われていました。

後で飲もうと思っていたのに、結局忘れていました。

 

f:id:tabinonaka:20180124201430j:plain
f:id:tabinonaka:20180124201418j:plain
f:id:tabinonaka:20180124202009j:plain

広々としたラウンジにはバーカウンターやビジネスコーナーもあります。
ここではWiFiもストレスフリーで利用できました。
ただ、残念なことにシャワールームはありませんでした。

食事

f:id:tabinonaka:20180124201955j:plain
f:id:tabinonaka:20180124201958j:plain

冷蔵庫の中にはビールやソフトドリンク。コーヒーマシーンや紅茶など。
生ビールやワイン、シャンパン、ウイスキーなどはバーカウンターで提供されます。
入室した時はバーカウンターには誰もいなかったのですが、ラウンジ内に人が増え始めてくると、バーテンダーさんが登場しました。

 

f:id:tabinonaka:20180124201952j:plain
f:id:tabinonaka:20180124201940j:plain

シチューやチキンなどのホットミールともちろんインジェラも。

 

f:id:tabinonaka:20180124202208j:plain
f:id:tabinonaka:20180124202158j:plain

シチューのようなものとサラダを頂きましたが、シチューはなかなかの辛さでした。ゆで卵を潰してませて食べると、少しマイルドになります。
海外旅行中はどうしても生野菜不足になるので、サラダはうれしいですね。
麺があったので試しに食べてみたのですが、コシがなくスープもイマイチでした。トマトや卵が入っていて、見た目はすごく美味しそうなのになぁ。

 

19時過ぎに入室した時はガラガラだったラウンジ内ですが、21時ごろにはほぼ満席に。
夜のフライトが多いんですね。
夜間フライトに備えてトイレで洗顔、歯磨きを済ませてから搭乗します。

 

アディスアベバ⇒香港 ビジネスクラス搭乗記

復路は香港経由の成田行き。香港では降機する乗客だけが降りて、成田まで帰る人はそのまま機内に待機です。
私たちは香港でANAに乗り換えて関西国際空港へ戻ります。

さすがに成田行き。ビジネスクラスの乗客はほとんどが日本人でした。

シート

f:id:tabinonaka:20180121204645j:plain
f:id:tabinonaka:20180121204629j:plain

残念ながら帰りは少し古い機材、B787-8 ドリームライナー。オットマンもありません。
座席は2-2-2の4列、計24席でほぼ満席でした。

 

f:id:tabinonaka:20180124202148j:plain

分かりにくいかもしれませんが、一番シートを倒してもフルフラットにはなりません。
ライフラットなのですが、思った以上にシートに角度があり、身体がずり落ちそうになるので、途中何度か目が覚めました。

往路がフルフラットで快適だったので余計に残念。
もちろんエコノミーに比べるとものすごく快適なのですが、一度フルフラットを味わってしまうと、贅沢になってしまいます(笑)
順番が逆なら良かったんですが…

 

f:id:tabinonaka:20180121204619j:plain
f:id:tabinonaka:20180121204609j:plain

シートの操作パネルは肘置きに、サイドには水とモニターのリモコンが収まっています。

食事

f:id:tabinonaka:20180121204559j:plain

機内に乗り込んだら、まずはウェルカムシャンパンを。
ここでも、座席でシャンパンを注いでくれました。

 

f:id:tabinonaka:20180121204910j:plain
f:id:tabinonaka:20180121204900j:plain

ラウンジで食事したのであまりお腹が減っていなかったので、フルーツとチーズのみ頂きました。
左の写真はダンナが頼んだアペタイザーです。チキンだったかな?

そしてフルーツはリンゴと洋ナシとすももがまさかの丸ごと提供されるという大胆さ。
ナイフもフォークもないので、丸かじりしろってことのようです。
往路のフルーツはきちんとカットされて出てきたのになぁ。
日系の航空会社では考えられないサービスですよね(苦笑)
洋ナシを少しかじってみたけど、結構な硬さで甘みも少なかったのでギブ。すももとチーズのみ美味しく頂きました。

食後は機内エンターテイメントを楽しむことなく、シートを倒しておやすみなさい。
夜間フライトなので、3分の1くらいの方は食事をパスされているようでした。

到着2時間ちょっと前に朝食で起こされましたが、眠かったしお腹も減ってなかったので、朝食はパスしました。

定刻より少し早めに香港国際空港に到着。
2時間ちょっとのトランジットで大阪へ帰ります。

 

まとめ

せっかくの長距離路線でのビジネスクラスだったのですが、往復ともに夜間フライトだったため、機内食は満喫できませんでした。
もともとエチオピア航空の機内食はイマイチとのクチコミを見ていたので、期待していおらず、そんなに落胆することはありませんでしたが。

ただ、横になって寝られるのは体に負担がかからず、脚のむくみはもちろんの事、ロングフライトにもかかわらず身体も疲れ知らずでした。
やっぱりビジネスクラスはいいですね。

次は日中のフライトでビジネスクラスを堪能したいです。

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2018 マイルジャーニー All Rights Reserved.