マイルジャーニー

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU


スポンサーリンク

f:id:tabinonaka:20170922201232j:plain

一眼レフカメラ購入!Canon EOS9000Dレビュー

シェアする

f:id:tabinonaka:20171004203753j:plain

ミラーレス一眼レフカメラを使っていたけど、ダブルレンズキット(単焦点のパンケーキレンズと50mmまでの望遠レンズのセット)だったので、もう少し望遠が欲しいと思い、50-250mmの望遠レンズを購入して使っていました。

でも旅先でレンズを付け替えるのって面倒だし、荷物になる。結局望遠が足りないと思いつつ50mmのレンズを使うハメに。

使い勝手の良い望遠レンズを買い換えるか?この際だからカメラを買い換えるか?悩んだ結果、カメラを買い換えることに。

比較検討機種

検討したのはCanon EOS80Dと9000D。80Dは中級機、9000Dはエントリー機と言われています。

私のデジカメ史はIXY に始まりPowershot、EOS Mと歩んできたので、今回もなんの迷いもなくCanon一択です。

特にこだわりがあるわけでも、違いのわかる女というわけでもないのですが、ボタンや操作方法が同じという理由だけで同じメーカーを選んでます。

検討した2機種のざっくりとしたスペックは次の通り。

  EOS 80D EOS 9000D
発売日 2016年03月25日 2017年04月07日
価格(本体のみ) 91,800円 90,714円
撮像素子 APS-C(22.3×14.9mm CMOS)
有効画素数 約2420万画素
映像エンジン DIGIC 6 DIGIC 7
ISO 100~16000 100~25600
ファインダー視野率 約100% 約95%
連射撮影 7コマ/秒 6コマ/秒
シャッタースピード 1/8000~30 秒 1/4000~30 秒
液晶モニターサイズ ワイド3.0型/TFT式カラー液晶モニター
Wi-Fi 搭載
Bluetooth 搭載
重量(本体のみ) 約650g 約493g

※価格は2017年10月下旬、価格.com調べ

考察

細かい性能の違いはよくわからないのですが、連射やシャッタースピードなど基本的な性能は80Dの方が上回わります。また、ファインダー視野率が約100%なので、ファインダーで見た風景がトリミングされることなく写真に撮れるのは魅力ですね。全体的に頑丈なボディで防塵・防滴なのも魅力です。

9000Dはコンパクトなボディに最新映像エンジンDIGIC7を搭載しているので、解像感の向上やノイズの低減が期待できます。また、動画撮影時にボディ側で手ブレを補正してくれる「5軸手ぶれ補正」機能が追加されています。

 

何度も家電量販店を訪れては2機種を見比べて、パンフレットやネットの口コミをみて検討しました。でも、はっきり言ってしまうと、どちらも私の腕前ではどこまで使いこなせるかわかりません。

結局はコンパクトさと軽さを重視して9000Dを選びました。旅先に持っていきたいので、少しでも軽い方がいいかな?というのが決め手です。

 

Canon EOS 9000D・EF-S18-135 IS USM レンズキット購入

開封の儀

f:id:tabinonaka:20171004203750j:plain

外箱のサイズは縦14cm、横24cm、高さ14cmくらい。

 

f:id:tabinonaka:20171004203746j:plain

 ふたを開けると、中ふたの上に説明書が入っています。

 

f:id:tabinonaka:20171004203743j:plain

中ふたを開けると、本体登場。 

 

同梱物

f:id:tabinonaka:20171004203738j:plain

同梱物は本体、レンズ(18-135mm)、ストラップ、充電池、充電器、説明書。

パソコンに写真を取り込む際に使用する接続用ケーブルやドライバーやソフトが入ったCDとかは無いんですね。ドライバーやソフトはWebからダウンロードするようです。これもコスト削減かな?

f:id:tabinonaka:20171004203837j:plain

前方向180°、後ろ方向90°、水平方向175°に稼働するバリアングル液晶モニターを採用しているので、モニターの角度を変えるとロー&ハイアングルの撮影がかんたんにできます。

タッチパネル搭載なので、いろんなアングルからの撮影を楽しめそう。

 

付属品も購入

レンズに傷がつかないようにプロテクター、横からの強い不要光を遮るためにレンズフードも購入 。いい写真が撮れるといいな。

Kenko レンズフィルター MC プロテクター NEO 67mm レンズ保護用 726709
 
Canon レンズフード EW-73D LENS HOOD EW-73D

Canon レンズフード EW-73D LENS HOOD EW-73D

 

 

せっかくカメラを新しくしたんだから!とカメラバッグも新調しました。

今までインナーバッグを利用していたのですが、インナーバッグが大きくてそれだけでカバンがパンパンになったりしていたので、一体型を探すことに。

カメラバッグだって丸わかりになるようなのは嫌だな。どうせならおしゃれなのがいいな。と、いろいろ探して今回購入したのがこちら↓↓↓

奥行きがパツパツですが、レンズを付けたまま入れることができます。(レンズフードは反対向きに付けなおさないと縦には入りません)

空いたスペースに財布や小物を入れらるので、このバッグだけで出かけられるのが高ポイントです。男の人が持っても違和感ないですよ。

 

試し撮り

早速試し撮りにコスモス畑へ出かけてきました。

f:id:tabinonaka:20171022135111j:plain

f:id:tabinonaka:20171022135115j:plain

f:id:tabinonaka:20171022135107j:plain

曇り空だったので少し暗め写真になりましたが、背景のボケ具合もいい感じかと。私のような素人でも、そこそこの写真が撮れます(笑)

サファリなどへ行く場合はもっとズームが欲しいと思いますが、街歩きにはこれくらいで充分だと思います。使いこなせるようになったら、マクロレンズや広角レンズなんかを追加したいな。

とりあえず、絞り値やホワイトバランスなどをきちんと調整できるよう練習が必要ですね。

 

まとめ

基本的なボタンや使い方は前機種「EOS M」と同じですが、大きく重くなった分持ち歩きは少し不便になりました。

でも、写真の美しさは全然違うし、なんだかカメラの腕前が少し上達した気分になります。

また「EOS M」はダブルレンズキットを使っていたので、パンケーキレンズと50mmまでのズームレンズしかなかったため、ちょっとズームで取りたいと思っても望遠が足りなくて残念な思いをしていました。別途一眼レフでも使えるズームレンズを購入したのですが、外出先でレンズを交換するのって面倒なんですよね。余分にレンズを持ち歩かないといけなくなるし。

「EOS 9000D」は135mmまでズームできるので、レンズ交換しなくても大抵の写真は撮影可能です。

まだまだ使い方がわかってないのでイマイチうまく撮れませんが、説明書を見ていても良くわからないので実践あるのみ!いろんなところへ出かけていき、たくさん写真を撮って徐々に慣れていこうと思います。

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.