マイルジャーニー

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU


スポンサーリンク

f:id:tabinonaka:20170922201232j:plain

エチオピア旅③ボレ国際空港でのアライバルビザ取得方法とエチオピア航空国内線ラウンジなど

シェアする

f:id:tabinonaka:20180110195622j:plain

快適なビジネスクラスで疲れ知らずにアディスアベバに到着。
やっぱり長距離路線(もちろん短距離路線も)のビジネスクラスは最高ですね。
これも陸マイラー活動のおかげです。(巷ではソラチカルート入口閉鎖や新たなルートのニュースでもちきりですが…私は変わらずマイペースでやって行こうと思っています。)
さて、飛行機を降りたら真っ先に目指すはアライバルビザのカウンター。
サクッとビザを取得して入国できるといいのだけれど。

エチオピア旅②上海浦東国際空港ラウンジとエチオピア航空ビジネスクラスで行くアディスアベバからの続きです。

アライバルビザ取得方法

飛行機を降りたら足早にイミグレに向かいます。
イミグレの隣に「Visa On Arrival」、アライバルビザを取得できるカウンターがあります。

 

f:id:tabinonaka:20180110195611j:plain

ネットでは空いているのですぐに取得できるとあったので心配していなかったのですが、いざ到着してみるとこの行列!
朝の時間帯は到着便がかさなるようです。
日本からだと成田発香港経由のアディスアベバ行きも同じような到着時間なので、混雑を覚悟しておいた方がいいかもしれません。

待つこと約1時間。やっと列の先頭にやってきました。
カウンターの手前に職員の男性がいて、まずその人にパスポートを渡します。
人数と滞在日数をきかれ、「〇番窓口で待つように」との指示がでるので、言われるがままに窓口の前で待機。

暫くすると、職員さんがカウンターの中からパスポートの写真部分をかざして呼んでいます。
自分のパスポートであることを確認して窓口へ。
再び滞在日数、宿泊先の電話番号を聞かれます。
が、ホテル名はわかっても電話番号まではチェックしていませんでした。
困ったので適当に大きめのホテル名を伝えると難なくOK。
カウンターの裏側に回ってビザ代金を支払うように言われます。

 

f:id:tabinonaka:20180110195600j:plain

こちらが料金表。
1ヶ月のビザは$50または6,000円。クレジットカードが使用できるとの情報があったのですが、私たちが訪れた2017年年末は現金のみの支払いでした。
ネットワークが安定していないのでカードが使えないことが多いようです。私たちはこの後ホテルでも使用不可でした。
結局エチオピアでカードが使えたのは、帰国時に利用した空港の免税店だけ。
何があるかわからないので、念のため多めに現金を用意しておいた方が無難だと思います。
1時間15分くらいかかってようやくビザ取得。長かったー(>_<)

 

エチオピア航空国内線ラウンジ「Cloud Nine」

f:id:tabinonaka:20180110195549j:plain

国際線が発着するのはターミナル2。国内線が発着するのはターミナル1。
ビザを取得した後はいったん空港の外に出て、隣にある国内線ターミナル1に歩いて向かいます。
だいたい徒歩5分くらい。
空港はただいま絶賛工事中。中国資本による工事のようです。
工事完了すると、すごく大きなターミナルになる模様。すごいなぁ、中国資本。

 

f:id:tabinonaka:20180110195849j:plain

ネットで色々検索したけれど、国内線ラウンジの情報は 一切出てこなかったので(私の検索の仕方が悪いだけかも?)ラウンジはないものとあきらめていましたが、チェックインの際にラウンジを案内されたのでビックリ&大喜び。
もちろん、スタアラゴールド専用のチェックインカウンターもありました。
国内線ターミナルにはほとんどお店がないので、出発までゆっくり寛げてよかったです。

 

f:id:tabinonaka:20180110195814j:plain
f:id:tabinonaka:20180110200744j:plain

ラウンジ内は結構広々していました。 

 

f:id:tabinonaka:20180110200732j:plain
f:id:tabinonaka:20180110200722j:plain

そして驚いたことに食べ物まで用意されています。 
インジェラもありましたが、ここでは食せず。

 

f:id:tabinonaka:20180110195839j:plain
f:id:tabinonaka:20180110195825j:plain

エチオピアのビールもありました。
ここではセントジョージを頂きました。さっぱりしたラガーで美味しかったです。
その他、もちろんソフトドリンクも用意してありました。

 

国内線でアディスアベバ⇒メケレへ

f:id:tabinonaka:20180110201226j:plain

アディス⇒メケレはプロペラ機。
優先搭乗はありませんでした。
ほぼ満席でテイクオフ。
空から見るアディスの街並みは思った以上に都会でした。

 

f:id:tabinonaka:20180110201216j:plain

機内サービスはマフィンとソフトドリンク。
オレンジジュースを頂きました。
そして、このマフィンがエチオピアクオリティ。美味しいのですが、カップ(紙)にマフィンがくっついて1/5くらい持っていかれました(笑)

 

f:id:tabinonaka:20180110201207j:plain

約1時間でメケレ空港に到着。
小さな地方空港です。
ここからホテルまではダナキルツアーを申し込んでいるエチオトラベルの人が迎えに来てくれているはずなのですが、空港出口にはおらず。
徐々に人がいなくなっていく空港。
駐車場にいた人に「ETT(エチオトラベル&ツアーズ)の人を見なかったか?」と声をかけるも知らないと。
どうしようかと途方に暮れていると「どこに宿泊するの?」と聞いてくれ、ホテル名を告げるとどこかに電話しているもよう。
電話が終わると「もうすぐ迎えが来るよ」と。
半信半疑でしばらく待っていると、本当にホテルの人が迎えに来てくれました。
法外なチップ取られるのかな?と心配していたけれど、みんななにも要求せず、笑顔で見送ってくれました。

エチオピア人って優しい!
無事ホテルに到着しました。

 

メケレの町を散策

ホテルにチェックインし、荷物を置いたら早速町を散策です。

 

f:id:tabinonaka:20180112210112j:plain
エチオピアではクリスチャンが圧倒的に多く、その次がイスラム教。
エチオピア正教の正装なのかスカーフを身に着けた人が多かったです。

メケレは小さな町。メインストレートは1kmもないくらい。
特に見どころもなく、アッという間に散策終了。
時間を持て余してしまいます。

 

f:id:tabinonaka:20180111195113j:plain

ふらっと入ったカフェ(と呼ぶには庶民感満載ですが)ではコーヒーセレモニーを実演中。
写真を撮らせて欲しいとお願いすると、ものすごく照れていたけど、了承してくれました。

本当に日常にコーヒーが根付いてるんだなぁ。コーヒーのいい香りが店内に広がっていました。
と言いながら、こちらではビールを頂きました(笑)

 

f:id:tabinonaka:20180111195124j:plain

そして夕食は初インジェラ。
ホントに見た目は雑巾です。特に色が雑巾を想像させるんでしょうね。
さて、お味は…酸っぱい!

真ん中のちょっと辛いソースにつけたり、お肉をまいて食べるのですがやっぱり酸っぱい。
ゲ〇って程ではないと思いますが、独特の酸味があります。
申し訳ないけれど、インジェラは3口ほどでギブアップ。
初インジェラは惨敗です。

牛肉は塩コショウのみのシンプルな味付けですが、美味しい。ただ、お肉が堅くて顎が疲れる。そしてうっかり食べた青唐辛子がものすごく辛い!エチオピアの唐辛子は危険です。周りの茶色いのはパンを揚げ焼きしたものです。

さて、明日からはいよいよメインイベントのダナキルツアー。
ワクワクドキドキです。

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2018 マイルジャーニー All Rights Reserved.