マイルジャーニー

SFCとJGCを取得し、快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU

今さら聞けない?マイルのこと。マイルの基本と効率よく貯める方法を勉強しよう!

f:id:tabinonaka:20170106234348j:plain

そもそもマイルって一体なんなの?飛行機に乗ったらもらえるポイントのようなものだと、漠然とは認識しているけれど、マイルの基本をしっかり確認したことってありません。

今回はそんな今さら聞けないマイルの基本や、マイルを効率よく貯める方法を勉強していきます。

マイルの基礎知識

マイレージとは?

マイレージとは航空会社のサービスプログラムの事です。

正式な呼び方は、「FFP(Frequent Flyer Program)フリークエント・フライヤー・プログラム」となります。なのになんでマイレージ?って思ってしまいますが、そこはよしとしましょう(笑)

マイルとは?

マイルとは航空会社がマイレージサービスプログラムでお客さま向けに提供しているポイントのことです。

マイルの本来の意味は距離を表す単位です。1マイル≒1.6キロで、飛行機に乗った距離に応じてマイルが貯まったのが始まりと言われています。

スーパーやコンビニ、薬局など、普段の買い物でポイントカードにポイントが貯まりますよね。航空会社をスーパーやコンビニ、マイレージをポイントカード、マイルをポイントと置き換えて考えるとわかりやすいかもしれません。

ポイントカードと同じで、貯まったマイルに応じて無料で飛行機に乗れたり、座席をアップグレード(エコノミークラスからビジネスクラスなど)できたりと、いろんなサービスが受けられます。

マイレージの種類

マイレージはほぼすべての航空会社が提供しているサービスです。なので、マイレージの種類≒航空会社数と考えていいと思います。(LCCなどは価格を抑えているため、マイレージサービスはありません)

日本に暮らしていて使い勝手がいいのはやっぱりANA(全日空)とJAL(日本航空)のマイレージプログラムですね。

ただ、1社だけだとマイルを貯めにくいですよね。そこで登場するのがアライアンスです。航空会社が互いの利益のために協力しあう目的で、グループを作ってお互いにマイルを貯められたり、空港ラウンジ等のサービスが使えるように提携しています。

マイレージプログラムへの入会

入会金、年会費無料で各航空会社のマイレージプログラムに入会できます。飛行機に乗る機会があるのなら、マイレージプログラムに入会しておいて損はありません。

入会方法は次の3つ

  1. 航空会社のホームページから申し込む
  2. 飛行機に乗った時に入会申し込み用紙を貰って申込む
  3. 航空会社のクレジットカードを作る

 

じゃらんnet

マイルの有効期限

マイルには有効期限があります。ANAもJALも有効期限は36ヵ月後の月末までとなっています。2017年4月2日に獲得したマイルは2020年4月末まで有効、2020年5月1日に失効します。

ただ、例外もあります。ANAのダイヤモンドメンバー、ミリオンマイラー(ANAマイレージクラブ入会からの総飛行距離が100万マイル以上の人)、JALのJMBダイヤモンドメンバー、JGC Five Star(生涯実績マイルが100万マイルを達成したJALグローバルクラブ(JGC)会員)は有効期限がありません。

※JGC Five Starは達成した人だけが訪れることのできる専用Webサイトがあるようで、詳しい特典内容はわかりません。

ANAのダイヤモンドメンバーとJALのJMBダイヤモンドは、ステイタスを維持している間はマイルの有効期限が廃止されますが、ダイヤモンドメンバーでなくなった場合、すべての未使用マイルの有効期限はその時点から36か月後の月末となります。

マイルに有効期限がないのはデルタ航空です。残念ながらデルタ航空はANAやJALとは違うアライアンス、スカイチームに所属しています。しかし、デルタ航空はニッポン500ボーナスマイル・キャンペーンを展開していて、ANA、JAL、スカイマークなど日本国内線の利用1フライトにつき、500ボーナスマイルが貰えます。デルタ航空のマイレージサービス、スカイマイルに登録すれば、一年間(2017年4月1日から2018年3月31日)に最大10フライト分(5,000ボーナスマイル)まで獲得できます。

マイルの有効期限がないのですから、ぜひ登録しておきましょう。今すぐにスカイチームに搭乗する予定がなくても、いつかそんな機会がやってくるかもしれませんから。フライト完了の2ヶ月以内に登録しないと無効になってしまうので、要注意です。

また、ユナイテッド航空は有効期限が1年半(18か月)ですが、マイルの加算があった場合は有効期限が18か月延長されます。マイレージプラスのクレジットカードを作り、少額でも毎月使用していれば、マイルの有効期限はないのと同じです。

 

マイルを貯めるには?

マイルを貯める方法は、大きく分けると次の5つになります。

  1. 飛行機に乗る
  2. クレジットカードを使う
  3. 航空会社のホームページ経由でショッピングする
  4. 電子マネーを使う
  5. ポイントサイトを利用する

それでは簡単に見ていきましょう。

飛行機に乗る

マイルを貯める一番わかりやすく簡単な方法は飛行機に乗ることです。ANAマイルを貯めたければANAに、JALマイルを貯めたければJALに、もしくはそれぞれのアライアンスの提携航空会社に乗れば乗るほど、マイルは貯まっていきます。

クレジットカードを使う

日々の買い物や光熱費、家賃などをクレジットカード決済して、ポイントをマイルに交換する方法です。

カード決済1,000円=1ポイント=10マイル、または100円=1マイルというのが一番レートのいい交換方法だと思います。

航空会社のホームページ経由でショッピング

ANAやJALのホームページにはマイレージモールというショッピングサイトがあります。ショッピングやホテルの予約、レンタカーの予約などでマイルが貯まります。

電子マネーを使う

ANAなら「楽天Edy」、JALなら「JMB WAON」の利用200円=1マイル貯まります。

また、ANAカードやJALカードにSuicaやPASMOを組み合わせれば、オートチャージするとマイルが貯まります。

ポイントサイトを利用する

一番効率よくマイルを貯めることができるのは、やっぱりポイントサイトを利用することです。ほんの少しの手間をかけるだけで、実質お金をかけずに大量のマイルを貯めることができます。詳しくは下記をご一読下さい。↓↓↓

 

マイルの使い道

マイルの使い道は大きく分けて次の5つが主流だと思います。

  1. 特典航空券に交換する
  2. 座席をアップグレードする
  3. いっしょにマイル割orおともdeマイル割引を利用する 
  4. ANA SKYコイン、e JALポイントに交換する
  5. 商品と交換する

これらについては以前検討したので、下記記事を参考にしてください。↓↓↓

まとめ

結局、飛行機に乗るにも、クレジットカードを使うにも、電子マネーを使うにも、お金が必要になります。

お金が余るほどあるっていう人は、航空券を買って飛行機にバンバンのってマイルを貯めればいいと思います。でも大多数の人はそんなの無理ですよね?

となると、やっぱり一番効率よくマイルを貯めることが出来るのはポイントサイトなんです!!

ほんの少しの手間をかけるだけで、ほとんどお金をかけずに大量のマイルを獲得できるんだから、こんなによくできた方法はないですよね。これを使わないなんてもったいないと思います。

ポイントサイトを活用して、賢くマイルを貯めましょう。

 

関連記事

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.