マイルジャーニー

SFCとJGCを取得し、快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU

マイルの使い道について考えよう!

f:id:tabinonaka:20161202152042j:plain

飛行機に乗ったり、ポイントサイトを利用したり、クチコミを書いたり、クレジットカード決済したりして貯めたマイル、何に使う予定ですか?

特典航空券に変えたり、座席をアップグレードしたりと使い方は様々。

マイルの使い道について考えてみました。

特典航空券に交換する

 マイルを貯める一番の目的は、やっぱり特典航空券に交換することですよね。無料で飛行機に乗れるなんて嬉しすぎます。国際線の場合は空港利用税や保険料、燃油サーチャージなどがかかるので、無料ではないですが…(ユナイテッド航空など外資系は燃油サーチャージがかからないところもあります。また、ANAのマイルでバニラエアの特典航空券に交換する場合も燃油サーチャージ無料です。)

国内線は1区間(片道)5,000マイルから、国際線は往復12,000マイルから交換可能です。(シーズンによって必要マイル数は変わります。)

 JALは2016年12月12日からどこかにマイルがスタート、往復6,000マイルどこかに行けます。すごくお得ですよね。ミステリーツアーみたいでドキドキです♪スタートは羽田発着便のみですが、早く対象路線を増やして欲しいですね。

 

座席をアップグレードする

エコノミークラスからビジネスクラスへ、ビジネスクラスから ファーストクラスへ片道12,000マイルから座席をアップグレードすることが可能です。(距離及び利用クラスによって必要マイル数が異なります。)ただし、アップグレードする場合はあらかじめ対象予約クラスの航空券を利用する全区間購入済みであることが前提です。

アップグレードできない場合
  • エコノミーからプレミアムエコノミー(ANAのみ、JALはアップグレードできます。)
  • エコノミーからファーストクラス
  • 日本の国内線区間(JALはクラスJに限り片道3,000マイルでアップグレードできます。)

なんだ、手軽にビジネスクラスに乗れるんじゃないの?と思ったら大間違い。対象予約クラスっていうのがものすごく高いんです。

例えばANAの場合、羽田⇔シンガポールをエコノミーからビジネスクラスにアップグレードしようと思うと、必要マイル数は片道18,000マイルなので、往復36,000マイルになります。

とある日程で検索すると、往復のエコノミー航空運賃最安値は54,680円。それが、予約対象クラスになると161,680円になるんです!およそ3倍の値段です。高すぎですよね。同じ日程のプレミアムエコノミーが173,680円、ビジネスクラスが369,680円なので、ビジネスクラスのチケットを買うことを考えれば格段に安いですが、ちょっと手がでないですよねぇ。

 

いっしょにマイル割orおともdeマイル割引を利用する 

いっしょにマイル割 

ANAマイレージクラブ会員専用運賃で、会員本人を含む2~4名のグループ旅行で同一路線往復利用の場合におトク利用できます。

会員本人はどの路線でも必要マイル数は10,000マイル、同行者は21,000円~36,000円で利用できます。例えば、通常期の東京⇔沖縄の場合、会員本人は10,000マイル、同行者は一人26,000円で沖縄往復できます。予約は搭乗2か月前の9:30から4日前までとなります。

おともdeマイル割引 

JALマイレージバンク会員を含む2~4名のグループ旅行で同一路線往復利用の場合におトク利用できます。

会員本人はどの路線でも必要マイル数は10,000マイル、同行者は19,000円~36,000円で利用できます。例えば、通常期の東京⇔沖縄の場合、会員本人は10,000マイル、同行者は一人26,000円で沖縄往復できます。予約は搭乗2か月前の9:30から4日前までとなります。

 

ANAとJAL、名称は違うけれど、どちらもサービスに大きな違いはありません。国内線のみの利用ですが、マイルがあんまり貯まってないけど旅行に行きたい!っていうときに便利ですね。

 

ANA SKYコイン、e JALポイントに交換する

 ANA SKYコイン、e JALポイントとはそれぞれのホームページで航空券やツアーの購入代金に利用できるポイントです。

ANA SKYコイン

航空券やツアーの購入代金に10円単位(10コイン=10円分)利用できます。

有効期間は交換月より、12カ月目の末日になります。

1マイルから交換できます。また、10,000マイル以上交換する場合、交換マイル数と、ANAマイレージクラブの会員ステイタスやANAカードの種類に応じて、交換率が変動します。

f:id:tabinonaka:20161202175000j:plain

 e JALポイント

10,000マイル=15,000ポイント(15,000円相当)から、10,000マイル単位で交換可能、1ポイント=1円相当として利用できます。(使用する用途によって、支払い単位が変わってきます。国内線航空券=10円単位、国際線航空券=1円単位、各種ツアー=10円以上1円単位)

JALカード会員なら、3,000マイル=3,000ポイント(3,000円相当)から、3,000マイル単位で交換できるキャンペーンを2017年3月31日まで実施しています。

有効期限は特典交換を行った日の1年後の同月末です。追加での特典交換によって有効期限の更新が可能です。

 

JALは平会員でも1.5倍の交換率になります。それに比べてANAはステイタスやANAゴールドカード以上を持っていて、なおかつ交換マイル数が40,000マイル以上でようやくJAL並みですね(涙)

 

商品と交換する

ホテル宿泊やレンタカー、各種ポイント(楽天ポイントやTポイントなど)、ワインやお肉などいろんな商品に交換することが可能です。

ちょっと割高だなぁと思います。あまり利用価値はないかな?もし、マイルが貯まっていなくて、有効期限が切れる〜ってときなら、考えてみてもいいかな?

 

まとめ

 マイルを貯めて、特典航空券に交換する!の一択で考えていましたが、いっしょにマイル割(おともdeマイル割引)もいいなぁと思います。キャンセルの場合、10,000マイルが帰ってこないっていうのが難点だけど、お得ですよね。

それからやっぱり、JALの『どこかにマイル』が魅力的です。4つの行先候補が表示され、行きたいところがその中になければ、再検索すると新たな行先候補が提案されるので、行先に納得して申し込めます。3日以内に行先決定のお知らせが届くので、ドキドキ、ワクワク、待つのも楽しいです。

JALの方がマイルの使い道にバリエーションがある気がします。ANAも負けずに面白い企画を打ち出して欲しいですね。

 

関連記事

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.