マイルジャーニー

陸マイラー生活や旅行について綴っていきます。

MENU

ANAとJAL、比較してみよう!国内線特典航空券編

f:id:tabinonaka:20161116101554j:plain

日本のフラッグキャリア、ANAとJAL。

似ているようでちょっと違うこの2つの航空会社を比較してみようと思います。

まずは国内線特典航空券編です。

特典航空券の利用可能時期

ANAでは一部の空港で特典航空券を利用できない期間が設定されています。

対象路線(発) 東京(羽田/成田)・名古屋(中部)・大阪(伊丹/関西/神戸)
2016年 4/29、5/3、8/11~8/13、12/29~12/30
2017年 5/3、8/11~8/13、 12/29~12/30
2018年
対象路線(着) 東京(羽田/成田)・名古屋(中部)・大阪(伊丹/関西/神戸)
2016年 1/2~1/3、5/5、5/8、8/13~8/15
2017年 1/2~1/3、5/6~5/7、8/15~8/16
2018年 1/3~1/4

※2018年4月以降の利用できない期間についての詳細は、2017年3月頃に発表予定。

年末年始やゴールデンウィーク、お盆などには利用できないようになっています。これって関西在住の身としては、国際線の特典航空券をとるときネックになるんですよね。国際線の特典航空券は確保できても、国内線が利用できないと日程を変更するか、国内線の分だけを自腹で購入しないといけなくなってしまうんですよねぇ(泣)

それに対してJALは、一年中いつでも利用可能なんです!(ディスカウントマイルにて特典航空券を利用する場合は、利用できない期間が設定されています。)

シーズン区分

ANAはハイシーズン、レギュラーシーズン、ローシーズンの3つに区分して、必要マイル数を変動させています。

ANAシーズンチャート

ローシーズン 2016年 1/5~2/26、4/1~4/27、12/1~12/22
2017年 1/5~2/28、4/1~4/28、12/1~12/22
2018年

1/8~2/28

レギュラーシーズン 2016年 2/27~3/17、5/10~8/9、8/23~11/30
2017年 3/1~3/15、5/8~8/9、8/22~11/30
2018年 3/1~3/15
ハイシーズン 2016年 1/1~1/4、3/18~3/31、4/28~5/9、8/10~8/22、12/23~12/31
2017年 1/1~1/4、3/16~3/31、4/29~5/7、8/10~8/21、12/23~12/31
2018年 1/1~1/7、3/16~3/31

※2018年4月以降のシーズンチャートは、2017年3月頃発表予定。

年末年始、ゴールデンウィーク、お盆休みはハイシーズンですね。利用者が多くなる時期は必要マイル数も多くなるようです。

一方JALはシーズン区分がありません。ディスカウントマイル期間やJALカード割引期間の設定があります。

ディスカウントマイルおよびJALカード割引設定期間

2016年 期間1 1016年4月1日(金)~2016年5月31日(火)
(除外日:2016年4月28日(木)~2016年5月9日(月))
期間2 2016年12月1日(木)~2017年2月28日(火)
(除外日:2016年12月23日(金)~2017年1月4日(水))

必要マイル数

ANA特典マイル数/往復 

  ハイ レギュラー ロー
0~600マイル区間 15,000 12,000 10,000
601~1600マイル区間 18,000 15,000 12,000
1601~2000マイル区間 21,000 18,000 14,000
2001~4000マイル区間 23,000 20,000 17,000

※東京⇔大阪は0~600マイル区間、東京⇔沖縄は1601~2000マイル区間、東京⇔石垣は2001~4000マイル区間になります。

片道での利用は往復の半分のマイル数で利用可能です。往復のシーズンが異なる場合は、各シーズン必要マイル数の2分の1を合算します。

詳しくはこちらをご覧ください。

JAL特典マイル数/往復

  通常マイル ディスカウントマイル JALカード割引
A区間 12,000 10,000 9,500
B区間 15,000 12,000 11,500
C区間 20,000 対象外路線

 ※東京⇔大阪はA区間、東京⇔沖縄はB区間、東京⇔石垣はC区間になります。

普通席特典航空券の必要マイル数に1区間1名につき2,000マイル追加でクラスJを予約可能です。

片道での利用は2017年4月以降は往復の半分のマイル数で利用可能です。(現在は半分より少し多めのマイルになっています。また、JALカード割引は片道は対象外です。)

詳しくはこちらをご覧ください。

対象区間

ANA、JALともに日本国内線全路線の任意の片道(1区間)または2区間、1区間=直行便のみの利用となります。

ANAは、沖縄(那覇)での乗り継ぎにて離島路線(那覇-宮古・石垣)を利用の旅程のみ、離島路線の往復便を含めた4区間利用できます。

JALは2017年4月1日新規申し込み分から、離島路線予約のルールが変更になります。

JAL/JTAの北海道、本州、四国、九州と沖縄(那覇、石垣、宮古、久米島)を結ぶ路線2区間と同時に、JTA/RACの離島路線をご予約する場合、JTA/RACの任意の2区間に限り5,000マイルの追加でご利用いただけるサービスは、2017年4月1日新規お申し込み分より廃止となります。

f:id:tabinonaka:20161116142519j:plain

離島路線はぐっと高くなりますね。 

まとめ

年間を通してシーズン区分のないJALの方が使いやすいのかな?という印象があります。特にハイシーズンに旅行に行く場合は断然JALがお得ですよね。

でも、ローシーズンや沖縄の離島はANAの方がお得感が強いです。

両方のマイルがあれば使い分けできていいのですが…なかなか難しいですよねぇ。

私個人の印象としては、国内線特典航空券については一年中いつでも利用可能なJALに軍配が上がるかなぁ、という感じです。

関連記事

 

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.