アフターコロナの旅行に対する意識調査。アメリカ人はどう考える?

旅のなか

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく、陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。 詳しくはこちらをご覧ください。

こちらの記事もどうぞ

2 レスポンス

  1. 匿名希望 より:

    こんにちは。記事を興味深く拝見しました。
    年初には、こんなに拡大するとは想像もできなかったコロナ禍。

    本来ならば、オリンピックに向けて、気分も高揚する時期だったはずなのに、残念です。
    ところで、私が心配することは、アフターコロナ、
    アジア系の日本人は 今までのように安穏と欧米に出かけられるのか。。。
    ということです。

    世界的に、今回のコロナをめぐって、中国や、WHOを批判する声が高まっているうえ、
    トランプ大統領の発言にも、アジア系に対する差別意識が見えます。

    早く旅に出たい気持ちはありつつも、
    行く先々で、日本人も嫌がらせを受けたりしないかと
    心配で、とても旅に出る気持ちになれません。

    旅好き、飛行機としては、本当に心配な世の中になりました。。。

    • 旅のなか より:

      こんばんは。コメントありがとうございます。
      日本はオリンピックの開催をめぐって対応が遅れた感は否めませんよね。
      せっかく良い季節なのに、自宅で自粛生活、悲しすぎます。

      アフターコロナ、おっしゃるようにアジア人差別あると思います。
      欧米人には中国人も日本人も区別付きにくいので、当然日本人も差別されると覚悟してます。
      自粛疲れでイライラした気持ちを、コロナを誰かのせいにすることによって晴らしたいんでしょうね。
      気持ちは分からなくもないけど…
      残念だけど、コロナ前と同じように欧米を旅できるまでには2〜3年はかかると思います。
      薬が開発されて、治療方法が確立されると人々の気持ちにも余裕ができるのですが。

      不安なこともたくさんありますが、やはり一日も早く飛行機に乗って旅に出たいです。
      多少の嫌がらせはしかたないと、開き直って旅を楽しみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

読者になる

メールアドレスを入力して「読者になる」ボタンを押せば、ブログの更新をメールで受信できます。