マイルジャーニー

陸マイラー生活や旅行について綴っていきます。

MENU

旅好き必見!スクラッチマップが楽しい!世界を旅して全ての国を削りとろう。

f:id:tabinonaka:20170412195913j:image

旅好きの人なら一度は「世界地図を塗りつぶしたい!」って思ったことありませんか?自分が訪れたことのある国をひとつづつ塗りつぶしていって、真っ白な世界地図を真っ赤にする、ロマンを感じてしまいます。

スマホアプリやインターネットサイトには世界地図を塗りつぶせるものもありますが、やっぱり実物の地図でやってみたいですよね。

今回は私のおススメスクラッチマップを紹介します。

スクラッチマップ

f:id:tabinonaka:20170411193401j:image

コインなどで地図上の国を削るとこによって、自分が訪れた国が一目でわかるスクラッチマップ。インスタグラムで紹介されているのを見て「これ欲しい!」と一目ぼれして即購入しました。

購入から約1週間で手元に到着。おしゃれなアンティーク風の筒に入っています。

f:id:tabinonaka:20170411193411j:image

マップを広げた最初の感想は「カッコいい!」サイズはW880mm×H520mm、A1サイズよりも横幅が長いので、フレームに入れようと思うとポスターサイズの大きいものかB1サイズが必要です。地図には特殊加工が施されていて、表面はツルツルしています。厚みもあるので、フレームに入れずにそのまま飾っても大丈夫そうです。

どこに飾ろうか、どうやって飾ろうか悩みます。しばらくは発送されてきたアンティーク風の筒にいれておこうかな?でも、それじゃもったいないもんなぁ。思い切ってこのマップが似合うカッコいいフレームを買おう!

APJ フィットフレーム ポスターサイズ(610X915mm) シルバー

APJ フィットフレーム ポスターサイズ(610X915mm) シルバー

 
APJ フィットフレーム B1(728X1030mm) ホワイト

APJ フィットフレーム B1(728X1030mm) ホワイト

 
削ってみよう!

早速地図を削ってみましょう。大きな国の場合、ほんの一部しか訪れてないのに、全部削っていいのだろうか?

例えばアメリカ。私はハワイとニューヨークしか行ったことがありません。未踏の地であるアラスカを削っていいのだろうか?しばし悩む。でも、そんなこと言ってたら全然削れないんじゃ…よーし、ほんの一部でも訪れたことのある国は気にせず削ってしまおう!

さて、一番に削るのはどの国にしようかな?やっぱり日本?うーん、またまたしばし悩んだ結果、私のアナザースカイ『カナダ』にしました。

削るのに必要なもの

コインで削れるのですが、国境などの細かい部分はマイナスドライバーや爪が便利です。でも、マイナスドライバーを使う時は、力加減に注意してくださいね。力を入れすぎると、地図が削れてしまいます(^^;

細かいことは気にしない!どーんと削るぞ!という方はコインだけで大丈夫です(笑)

f:id:tabinonaka:20170411193436j:image

金色の部分はスクラッチくじと同じような削りごこちでサクサク削れますが、国名や国境の黒い部分は少しガリっとするので、多少力を入れなければいけません。

削った時間

カナダを削るのに要した時間は10分ちょっと。思ったよりも時間がかかりました。

几帳面ではないので、国境部分もざっくり削ったのにこの時間ですから、丁寧に削ろうと思うともう少し時間がかかると思います。

また、スクラッチ部分の地図と削った後に出てくる地図の国境は少しズレていることがあるので、隣の国まで削りたくない場合は、少しづつ削った方が無難です。

毎日少しづつコツコツ削って約3日、私の現在の地図が完成しました!

 

その他のスクラッチマップ

ピンワールド・ピンマップ

フェルト製のマップで訪れた場所をピンでマッピングしていきます。訪れた場所にピンポイントでピンを立てることができるので、詳細な自分のマップが作れますね。かなりお値段は張りますが、壁にかけるとおしゃれなインテリアになるのでは?

pin map ピン マップ mini【WORLD 世界地図】

pin map ピン マップ mini【WORLD 世界地図】

 
旅行手帳+ミニスクラッチマップ

旅行記が書けるノートとミニ世界地図8枚がセットになっています。B5サイズなので持ち運びも楽ちん。旅しながら記録できるので、長期旅行者にはピッタリでは?世界一周しながらその都度訪れた国を削り取る、なんて素敵ですよね。

Discovery Map World

ちょっとお値段が張りますが、とっても綺麗なスクラッチマップです。アメリカ・カナダ・オーストラリアは州ごとに分かれています。ロシアや中国も地域ごとに分かれているので、もっと細かく訪れた地域を分けたい人には最適です。

 

まとめ

f:id:tabinonaka:20170415212436j:image

パスポートの入国スタンプが増えると嬉しいのと同じように、旅する楽しみが増える世界地図です。すべての国を削り取ることが出来たら最高の気分でしょうね。

うまく写真が撮れなかったのですが、上の地図が私が訪れた国を削ったものです。なんだか緑が多くて地味な感じ⤵もっとカラフルな地図になるように、いろんな国に訪れないといけませんね。

最初は出来るだけ丁寧に削ろうと頑張っていたのですが、疲れてきて(というか、やっぱり本性が出て)最後の方はちょっと(いや、かなり)雑になってしまいました(笑)特に、小さな国を1ヶ国だけ削るのって難しいんですよね。国境がはみ出したり、ちょっと削り残しがあったりするけど、それもまた味です。(都合のいい解釈?)

どうせいずれは全ての国を削り取るんだから、一緒やん♪と広い心で挑んでいきましょう。

こちらのサイトにはいろんなタイプのスクラッチマップがあるので、自分好みの地図が見つかると思います。

https://www.scratchmap.org/

現実の世界では無理だけど、地図上で世界征服してみませんか?

 

関連記事

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.