読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

マイルジャーニー

陸マイラー生活や旅行について綴っていきます。

MENU

ANAとJAL、比較してみよう!国内線シート編

f:id:tabinonaka:20161125211731j:plain

ANAとJAL、比較してみよう!第4弾。
短いフライトでもやっぱり快適に過ごしたい!旅や出張、上級会員になるための修行でもよく使う国内線。

飛行機での旅を快適にしてくれる、国内線シート編です。

国内線座席シートの種類

ANAはプレミアムクラスと普通席の2種類、JALはファーストクラス、クラスJ、普通席の3種類のシートがあります。

それぞれ機材によってシートも異なりますが、今回はいずれのシートも最新機材で比較します。

その前に、シートピッチの定義を説明しますね。

シートピッチとは前の座席の背もたれから後ろの座席の背もたれまでとなっています。シート自体の厚みも含めた距離になるので、シートピッチは同じでも背もたれの厚みや形状によって、広く感じたり、狭く感じたりと差が出ます。最近は各社シートを薄くしたり足元が広くなるようなシート設計に変更しているようです。

わずか数センチの差で座り心地に差が出てくるので、とっても重要ですね。

ANAのシート

プレミアムクラス

機材によって6種類のシートがありますが、最新のエアバス321は下記になります。

f:id:tabinonaka:20161129165021j:plain

電動リクライニングシートを採用し、リクライニング・レッグレスト・フットレストが自由に調整できます。パソコン電源、USBポート、パーソナルLEDライト完備。

シート幅:約50cm、シートピッチ:約127cm

普通席

f:id:tabinonaka:20161129162142j:plain

エアバス321では、USBポートとタブレットホルダーが利用できます。

ANAのホームページには普通席のシートピッチ等は記載がありません。ただ、2015年4月に発表された「ANA×トヨタ紡織」が共同開発した国内線の新シートは以下のようになっています。

シート幅:約45cm、シートピッチ:約79cm

座り心地、使いやすさ、空間へこだわったシート設計です。

LCCなどは座席数を増やすために、シートピッチが約71cmのところが多いようですが、ANAやJALなどの一般的なシートピッチは約79cmが多いようです。

シート幅はLCCもANAやJALもほとんど変わりがなく、一般的には約42~45cmとなっています。

JALのシート

ファーストクラス

f:id:tabinonaka:20161129171343j:plain

通常時27度、最大42度と傾斜角を深く取ったリクライニング。人間工学に基づくクッション形状とし、座面には低反発素材を採用。快適なレッグレスト、フットレストも装備してあります。

シート幅:約53cm、シートピッチ:約130cm

クラスJ

f:id:tabinonaka:20161129170945j:plain

背もたれを傾けると連動してシート全体が前方にスライド、フルリクライニング時の後方への移動幅が従来の約半分に減少したため、後席との空間にゆとりが生まれました。

シート幅:約47cm、シートピッチ:約97cm

普通席

f:id:tabinonaka:20161129170414j:plain

シートをスリム化することにより、足元空間の快適性が大幅にアップ。シートのスリム化により、これまでの座席から最大約5cm拡大。

シート幅:約44cm、シートピッチ:約79cm

まとめ

各シートのサイズ一覧を表にしてみました。また、搭乗日当日空港で空席がある場合、以下の追加料金で座席をアップグレードすることができます。

  ANA JAL
プレミアム 普通席 ファースト クラスJ 普通席
シートピッチ 127cm 79cm 130cm 97cm 79cm
シート幅 50cm 45cm 53cm 47cm 44cm
当日追加料金 9,000円 8,000円 1,000円

普通席はANAもJALも大きな違いはないと思います。

 JALのファーストクラスは導入路線が羽田⇔福岡、羽田⇔新千歳、羽田⇔伊丹、羽田⇔那覇の4路線と少ないですが、8,000円の追加ならすごくお得感がありますよね。

食事もANAのプレミアムクラスはお弁当なのに対して、きちんと器に入ってサーブされるので、プレミアム感が増します。また、シート幅やシートピッチはANAのプレミアムクラスよりそれぞれ3cmくらい広くなっています。でも、なによりも高級感溢れるシートはインパクトありますよね。国内線とは思えないクオリティです。ただ、座席数が少ないので、当日のアップグレードは難しいのでは?

また、クラスJは普通席にプラス1,000円で利用できるので、とってもお得ですね。(クラスJは搭乗日当日でなくても、プラス1,000円で予約可能です。)人気のようで、普通席は空席が目立つのに、クラスJは満席、なんてこともあるようです。

ANAのプレミアムクラスは導入路線が多いので、使い勝手はいいですが、ちょっと高いなぁという印象です。もう少し食事を改善して欲しいなぁ。

私個人の意見としては、国内線のシートはJALに軍配が上がります。国内線の移動は長くても3時間くらい。プレミアムクラスやファーストクラスよりも、お値段お手頃のプラス1,000円でゆったり座れるクラスJが私の中のベストシートに輝きました☆

関連記事

お名前.com ドメイン登録