マイルジャーニー

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU


スポンサーリンク

f:id:tabinonaka:20170922201232j:plain

エチオピア旅②上海浦東国際空港ラウンジとエチオピア航空ビジネスクラスで行くアディスアベバ

シェアする

f:id:tabinonaka:20180108211829j:plain

上海空港でのトランジットは関空からの飛行機が遅れたこともあり、当初より短くなって約4時間ちょっと。
外に出かけるには時間が短すぎるので、ラウンジで過ごすことに。
当初はラウンジホッピングしようかと考えていたけれど、(そもそもホッピングできるラウンジがあるかどうか調べてないのですが…)シャワーを浴びてスッキリしたら移動するのが面倒に…
結局エアチャイナ・ラウンジでまったり過ごしてきました。

ラウンジタイムが終了すると、いよいよエチオピア航空ビジネスクラスへ搭乗です。

エチオピア旅①関西空港ANAラウンジからとANAビジネスクラスで行く上海からの続きです。

上海浦東国際空港エアチャイナ・ラウンジ

上海では一度入国して荷物をピックアップし、再度預入れしなければなりません。
これって結構面倒ですよね。荷物を最終目的地までスルーしてくれたらいいのになぁ、と思いつつ、仕方ないのでさくっと入国、荷物をピックアップして再びチェックイン。さくっと出国してラウンジに向かいます。

場所

f:id:tabinonaka:20180108210457j:plain

出国審査後、制限エリア内に入るとNo71、75ラウンジの看板が見えるので矢印に沿って進んでいきます。

 

f:id:tabinonaka:20180108210016j:plain

表示に従ってエスカレーターを上がると受付があるので、チケットを渡してチェックイン。

 

f:id:tabinonaka:20180108210006j:plain

ラウンジは2フロアーに分かれています。
1階がビジネスコーナーになっていてドリンクのみの提供、2階がダイニングエリアになっています。
さすがホームグラウンド、広々としたラウンジですね。

 

f:id:tabinonaka:20180108205956j:plain

2階へのエスカレーターを上がるとコンシェルジュデスクがありますが、ここではチケットチェック等はありません。

シャワールーム

シャワーを利用したかったので2階のコンシェルジュデスクで申し出ると、ボーディングパスと引き換えに鍵を渡してくれます。
2番の鍵を貰ったので、2番のシャワーへ。シャワールームは全部で4つありました。

 

f:id:tabinonaka:20180108210700j:plain
f:id:tabinonaka:20180108210650j:plain

固定シャワーとハンドシャワーがあり便利でした。スリッパやドライヤー、水、歯ブラシやシェーバーなど一通り用意されていて、アメニティは充実していると思います。
シャンプー等はボトルタイプでシャワーブースに用意されています。
ここまで充実しているのなら、ちょっと腰かけられるようなスペースがあれば髪を乾かすときに便利なのになぁ、と欲張ってしまいます(笑)

ラウンジ内の様子や食事など

f:id:tabinonaka:20180108210025j:plain

フードコーナーは真ん中にあり、円形状に配置されています。

 

f:id:tabinonaka:20180108210036j:plain

フードコーナーを囲むようにゆったりと配置された座席。
座席数には余裕があるようで、混雑することはありませんでした。

 

f:id:tabinonaka:20180108210451j:plain

焼きそばやチャーハンなど、中華系のフードがズラッと並んでいます。

 

f:id:tabinonaka:20180108210443j:plain

パスタやサンドイッチ、寿司も。
カップ麺もありました。

 

f:id:tabinonaka:20180108210507j:plain

ちょっと小腹がすいたので、ビールとともにカップ麺を頂きました。
ビールの銘柄は忘れてしまったのですが、聞いたことのない銘柄でした。しかも今時プルトップが一体じゃないタイプとは…
この後ビジネスクラスに搭乗するので、食事は控えておきました。

 

ラウンジ内にはこの他に利用はしなかったのですが、仮眠室やビジネススペース、マッサージチェアもありました。

 

エチオピア航空 上海⇒アディスアベバ ビジネスクラス搭乗記

さて、ラウンジでまったりくつろいだら、いよいよ長距離線のビジネスクラスに初搭乗です。
夜間フライトなので、ぐっすり眠れるといいなぁ。

シート

f:id:tabinonaka:20180110195900j:plain

機材はA350-900、ほぼフルフラットになる機材でした。
ビジネスクラスは30席ありますが、この日の利用者は8名。空いてました。

 

f:id:tabinonaka:20180108211611j:plain

一番前の座席のオットマン(写真左上)は広くて快適そうでしたが、私たちは2列目。
私のオットマンは右下の写真、小さかったです(涙)
肘掛の側面にテレビのコントローラー、座席のコントロールパネル、USBポートがあり、ちょっとした小物を置くことも可能。

 

f:id:tabinonaka:20180109233130j:plain
f:id:tabinonaka:20180109233118j:plain

シートをフラットにするとこんな感じ。
足元が少し傾斜していますが、ほぼフラットになるので快適に眠ることが出来ました。

 

f:id:tabinonaka:20180109233144j:plain

アメニティはポーチとブランケット、イヤホン、枕のみ。スリッパはありませんでした。なぜにスリッパがない?
トイレに行くとき、いちいち靴を履かないといけないのが不便でした。改善して欲しいですね。
ポーチの中身は靴下、歯ブラシセット、アイマスク、ブラシ、リップバーム、耳栓、歯間ブラシ、ボールペン。
ポーチにはフックが付いているので、吊り下げて利用でき便利そう。

 

食事

f:id:tabinonaka:20180108211546j:plain

エチオピア航空には民族衣装風のコスチュームを着たCAさんが搭乗されています。
ビジネスクラスの担当は中華系の方。お願いして写真を撮らせていただきました。
とっても素敵なんだけど、やっぱりこういう衣装はエチオピアの方に着ていただきたいなぁ。雰囲気が出ない…

 

f:id:tabinonaka:20180108211601j:plain

ウェルカムドリンクはシャンパンまたはオレンジジュース。
座席に着くと持ってきてくれ、シャンパンはその場で注いでくれます。
水とアメニティポーチは最初から座席に用意されています。

 

f:id:tabinonaka:20180108211557j:plain

搭乗後しばらくすると急激な眠気に襲われ爆睡。
機内食はパスしました。(写真はダンナが食べた機内食。まあまあだったそうです。眠くてメニューを撮影するのを忘れたので、メインディッシュが何だったか不明。牛肉だったそうです。)
途中目が覚めたので、フルーツのみ頂きました。(写真右下)

 

f:id:tabinonaka:20180109233106j:plain

朝食はパンケーキ。可もなく不可もなくといったところです。
右下にある「原味」と書いてある小袋はザーサイでした。さすが上海発ですね。

 

まとめ

f:id:tabinonaka:20180109233056j:plain

せっかくのビジネスクラスだったのに、ウェルカムドリンクを頂いただけで爆睡。食事や飲み物を堪能することはできませんでした。
朝食は頂きましたが、味は普通。これなら夕食を食べた後に朝食をスキップすればよかったと後悔です。
次への課題ですね。(次があるかどうかは不明ですが)

でも、フルフラットになるシートはとっても快適。飛行機を降りた後、疲れや脚のむくみは皆無でした。
おかげでエチオピア到着後は元気に動き回れたのでヨシとしましょう。

 

ひとり言

搭乗時には誰も座っていなかった斜め後ろのシートの人のいびきが耳障りで、時々目が覚めてしまいました。
この人どこの座席の人だろう?と思っていると、起き上がったその人が向かったのは前方キャビンの向こう側。
そう、パイロットだったんです!
長時間フライトだから休憩も必要だとは思うけれど、ビジネスクラスの座席で堂々と眠るとは…さすが海外の航空会社ですね(笑)

でも、いびきは勘弁してほしい…(涙)

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.