マイルジャーニー

SFCとJGCを取得。快適旅ライフを送るべく陸マイル活動を頑張っています。旅やマイルについて気ままに綴っています。

MENU


スポンサーリンク

f:id:tabinonaka:20170922201232j:plain

JAL『JGC』と『サファイア』の違いを比較。2年目もサファイアを目指すべき?

シェアする

f:id:tabinonaka:20171214193832j:plain

2017年JGC修行をし、めでたくサファイアを達成。早速JGCカードへの切り替えを行いました。

これで今後JALを含むワンワールドの航空会社利用時には上級会員としてのメリット(ラウンジの利用やビジネスクラスカウンターでのチェックインなど)を受けることが出来ます。

そこでふと疑問が。
JGCとサファイアの違いってなんだろ?来年も修行してサファイアをキープした方がいいのか?
2つの違いをまとめてみました。

サファイアとJGC

そもそもサファイアやJGCって一体何?という方のために、簡単に説明します。

サファイア

JALグループ便ならびにワンワールド アライアンス加盟航空会社便への搭乗が以下に該当するとサファイア会員になれます。

  • 毎年の1月~12月の12ヵ月間(暦年)で50,000FLY ONポイント(うちJALグループ便25,000FLY ONポイント)以上
  • または50回(うちJALグループ便25回)以上かつ15,000FLY ONポイント以上

つまり、1年間にたくさんJAL及びグループ便に搭乗すると無料で上級会員のステイタスが得られるんです。ただし、これは1年間限定のステイタス。翌年あまり飛行機に乗らなかったら、再来年は平会員に格下げされます。

JGC

サファイア以上のステイタスを獲得すると申請することができる有料会員(クレジットカード会員)です。
年会費を支払ってこのクレジットカードを持っている限り、たとえ1年間一度もJAL及びJALグルーブ便に乗らなくても、上級会員と同じような待遇を受けることができます。
クレジットカードを解約しない限り維持できる、一生涯のステイタスです。

 

特典の比較

それぞれの特典は次の通り。
サファイアはJALカードなしのJMB会員、JGCはステイタス無しの平JGCの特典で比較しています。

  サファイア JGC
会員専用予約デスク
予約時の優先キャンセル待ち
前方座席指定サービス ※1
専用カウンターでのチェックイン
空港での優先空席待ち
専用保安検査場の利用 ※2
優先搭乗(会員本人のみ)
受託手荷物無料許容量の優待 国内線+20kg
国際線+1個
プライオリティバッゲージサービス
ラウンジの利用
ファーストクラスラウンジの利用 ×
初回搭乗ボーナスマイル × 3,000マイル
フライトボーナスマイル 105%※3 35%※4
ネームタグのプレゼント(入会時のみ) ×
カレンダー及びダイアリー × ※5
会員誌 × JALカード特典
マイルから電子コインへの変換倍率 1.5倍

※1自社便の場合のみ。他社運航のコードシェア便の場合は不可
※2専用保安検査場設置空港のみで利用可
※3JALグループ便の場合。その他アメリカン航空105%、ブリティッシュ・エアウェイズ100%、イベリア航空50%
※4JALグループ便、アメリカン航空便、ブリティッシュ・エアウェイズ、イベリア航空便への搭乗の場合

※5ダイアリーが不要の場合は500マイル、カレンダー・ダイアリー不要の場合は800マイル付与

ざくっと比較してみると、案外特典に違いってないんですね。

会員専用予約デスクはサファイアとJGCで問い合わせ先が別なので、サファイアの方が会員数が少ないことを考えるとつながりやすいのかもしれませんが、JGCでもそんなに待つことはないのでは?
実際にJGCに問い合わせの電話をしたことが無いので、はっきりとはわかりませんが、ANAのSFCデスクに問い合わせした際はすぐにつながったので、JGCでも同じだと思います。

大きな違いと言えばフライトボーナスマイルですね。獲得マイルが約2倍になるのは凄い破壊力です。サファイアの間にたくさんJALに搭乗すればザクザクマイルが貯まりますね。
ネームタグやダイアリーはおまけだし、JGCに入会していなくてもJALカード(普通)を持っていれば初回搭乗ボーナスマイルとして1,000マイル貰えます。

 

2年目もサファイアを目指す?

そこで、2年目もサファイアを目指すべきなのか?と疑問が湧いてきます。
確かに上の表を見る限り、JGCを取得すれば2年目にサファイアを目指す意味は無いように思うのですが、JALにはFLY ONステイタス会員限定のFLY ONアップグレードパッケージという特典があります。

例えば、先日発表された2018年度の特典は次の3つ。

国際線アップグレード特典 マイルバックキャンペーン

f:id:tabinonaka:20171215140055j:plain

キャンペーン期間:2018年4月1日(日)~2019年3月31日(日)(搭乗日)
※事前登録不要

対象者:FLY ON ステイタス(ダイヤモンド、JGCプレミア、サファイア、クリスタル)保有者

キャンペーン内容:
搭乗時にFLY ON ステイタスを保有していて、キャンペーン期間中に、対象の路線でアップグレード特典を利用すると、搭乗の翌月下旬にマイルの一部がマイルバックされます。
マイルバックの対象はあくまで搭乗者本人のみ。ステイタス会員のマイルを使って一般会員の家族が搭乗しても、マイルバックされません。

どの路線も一律片道3,000マイルがバックされるようです。
2017年はエコノミー・プレエコ⇒ビジネス、ビジネス⇒ファーストの場合、北米及びヨーロッパ路線は6,000マイルバックされていたことを考えると改悪ですね。

詳しいマイル数はJALのサイトでご確認ください。

2018年度 FLY ON ステイタス会員限定 アップグレード特典 マイルバックキャンペーン - JALマイレージバンク

”お好きな1ヶ月いつでも”JALグループ国内線FLY ONポイント2倍キャンペーン

f:id:tabinonaka:20171215140056j:plain

キャンペーン期間:2018年4月1日(日)~2019年3月31日(日)(搭乗日)

キャンペーン参加登録期間:2017年12月1日(金)~登録受付開始
キャンペーン参加登録期間内に登録が必要、期間内に登録がない場合はキャンペーンの対象外。
各月の登録期限は以下のとおり。

希望月 登録期限
2018年4月 2018年3月22日(木)
2018年5月 2018年4月19日(木)
2018年6月 2018年5月24日(木)
2018年7月 2018年6月21日(木)
2018年8月 2018年7月19日(木)
2018/9月~2019年3月 2018年7月31日(火)

対象者:2017年1月~12月の搭乗実績で2018年度のFLY ON ステイタスを達成したJALマイレージバンク(JMB)会員

対象路線:JALグループ国内線 全路線全便
他社が運航するコードシェア便は、JAL便名で搭乗した場合のみ対象。
ただし、ジェットスター・ジャパン(GK)が運航するコードシェア便は対象外。

対象運賃:フライトマイル積算対象運賃

キャンペーン内容:
キャンペーンに参加登録のうえ、期間中対象運賃で対象路線に搭乗すると、通常のFLY ON ポイントと同数のボーナスポイントが積算されます。
例えば、東京⇔札幌を普通運賃で搭乗した場合、次のようになります。

f:id:tabinonaka:20171215140054j:plain

ステイタス獲得を目指す方にとっては大変うれしいキャンペーンです。このキャンペーンがあるのと無いのとでは、FLY ONポイントの貯まるスピードが全然違ってきます。
1ヶ月の間にフライトを集中させることによって、半分の費用でポイントが貯まるんだから破壊力抜群ですね。
羽田⇔那覇間をファーストクラスで往復すると貯まるFOPは10,640ポイント。これを4回と初回搭乗のFLY ONボーナスポイントであっという間にサファイアまで残り3,000ポイントを切ります。
関東在住者がうらやましい限りです。伊丹⇔那覇便にもファーストクラスを設定して欲しいなぁ。

羽田空港国内線サクララウンジ専用ラウンジクーポンプレゼント

こちらはJMBクリスタル会員専用のキャンペーンになります。

キャンペーン内容:
2018年4月1日~2019年3月31日(搭乗日)に利用できる、羽田空港国内線サクララウンジに入室可能な電子クーポン10枚を1回プレゼント。

利用方法:ラウンジ受付に設置してあるリーダーに、搭乗媒体(搭乗券またはeチケットお客さま控の2次元バーコード、ICカード、ICケータイなど)をタッチ。

クリスタル会員で羽田空港をよく利用する方であればうれしいサービスですが、地方在住者は利用頻度が少ないし、JGC会員であれば羽田空港に限らず、国内線サクララウンジを利用できるので、メリットは少ないですね。
実際私もクリスタル会員の時に利用したのは1回だけ。もう少し利用できる空港を増やして欲しいです。

 

まとめ

特典だけを比較すると、JGCを取得すれば2年目にサファイアを目指す意味はないと思います。
が、ステイタス会員限定の FLY ONアップグレードパッケージはちょっと魅力的。
2019年以降も2018年度の特典が継続されるかどうかはわかりませんが、いつかもうワンランク上のステイタス、JGCプレミアを目指したいと思った時に、”お好きな1ヶ月いつでも”JALグループ国内線FLY ONポイント2倍キャンペーンが利用できるかどうかは大きく影響してきます。

だからと言って2年連続修行もなぁ。
今のところ、2018年に予定しているフライトで獲得できるFOPは初回搭乗ボーナスの5,000FOPを合わせて2万FOP。
なら、せめてクリスタルを目指してみるかな?

クリスタルなら2019年度のステイタス会員限定の特典の恩恵を受けられるし、マイルUPボーナスもJALグループ便・アメリカン航空利用の場合は55%、ブリティシュ・エアウェイズとイベリア航空利用の場合は25%加算されます。
※JGCクリスタルであれば、ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空利用の場合50%加算。

お得なビジネスクラスのチケットが発売されたり、新たなキャンペーンが打ち出された場合には気持ちが変わるかもしれませんが、今のところ2年目はクリスタルを目指してJALに乗りたいと思っています。

お名前.com ドメイン登録

Copyright © 2016-2017 マイルジャーニー All Rights Reserved.